女性の薄毛治療を東京で始めたい方へ

中年の女性

女性の薄毛が増えていると言われる昨今ですが、ケアの仕方を間違うことで更に悪化させている女性が増えています。4,50代の女性だけでなく、2,30代の女性で薄毛に悩む人が増えています。自宅で育毛剤や育毛シャンプーを使ってみるも、なかなか効果が出ない。髪は細く薄くなるばかりで毎日が不安だ・・・。そんな悩みを持っていた女性の中で、病院での治療を実践した人の多くが髪の健康を取り戻し、若々しい頭皮と髪を取り戻しています。

女性の薄毛治療を東京で始める|低価格&高い発毛率

女性の薄毛治療を行う東京の病院の中でも、特に口コミや評判が高い病院を厳選してご紹介します。東京には数多くの病院があるため迷ってしまう人も多い事でしょう。以下のランキング情報をご活用ください!

 

東京ビューティークリニック『場所:銀座、渋谷』

女性の薄毛治療を東京でお探しの方に一押しの病院が東京ビューティークリニックです。女性の薄毛治療専門のコースが準備されており、医師による診察のもと様々な薄毛の原因にあわせ、オーダーメイド治療を受ける事が可能です。リアップレディーで知られる医薬品ミノキシジルや女性ホルモンの働きを助けて、発毛を促す内服薬などを使用し、医学的な根拠に基づいた治療が行われています。他にもFAGAメソセラピーなどの最新医学治療など、総合的な頭髪治療を行う大手の薄毛クリニックです。無料のカウンセリングが実施されていますので、まずは相談から始めてみましょう!

AGAルネッサンスクリニックへ『場所:渋谷、新宿、上野、立川』

女性の薄毛治療を東京でお探しの方にはAGAルネッサンスクリニックもまたお勧めできる病院です。実績が非常に多く、発毛率も98%と高い数字を記録しています。女性の薄毛に関する症例写真なども多数公開されており、これから始める人には事前に安心と期待が持てる病院です。低価格な治療でも知られていますので、まずは無料のカウンセリングから始めてみましょう!

HARG治療センター『場所:新宿』

HARG治療センターは、通常の薄毛治療とは異なるHARG療法という近年注目されている治療法を用いる病院です。女性の薄毛治療の実績も豊富で、円形脱毛症の治療実績でも高い評価をされています。

 

女性男性型脱毛症(FAGA)を発症してしまう原因は年齢だけ?

治療に通う女性

男性脱毛症(AGA)と言うのは、日本人男性の約30%の人がかかっていると言われていますが、女性もAGAと同じ脱毛症で悩んでいることがわかってきました。特に中高年の女性に多い脱毛症「女性男性型脱毛症」(FAGA)です。症状として、主に前頭部や頭頂部が薄くなって、地肌が透けて見えるようになってしまいます。FAGAの原因もAGAと同じ男性ホルモンが強く影響を及ぼしていると考えられていて、特に女性ホルモンが急激に減少する40代以降の女性に見られる症状とも言えます。ただ、最近は40代以降の女性だけではなく、若い20代以上の女性もFAGAの症状が現れ始めてきています。その原因は、頭皮環境の悪化です。髪の毛には一定のヘアサイクルがありますよね?そのヘアサイクルの乱れにより、休止期に入っている毛が多くなってしまい、髪の毛の成長が止まっている状態で、抜け毛が多くなっているのかもしれません。女性はつい髪の毛が気になり手で触ってしまう癖がありますよね?髪の毛を触ることが多ければ多いほど髪の毛に負担をかけてしまいます。また、カラーリングのしすぎでキューティクルが痛んだり、ドライヤーのかけ過ぎにより頭皮が乾燥してしまったことで、FAGAを誘発している原因になっているかもしれません。FAGAの原因にはその他に偏食による栄養不足やストレス、疲労などの生活習慣の乱れも関係してきますので、髪の毛や頭皮に栄養が行きわたるようにストレスをなくし、栄養バランスのいい食事を積極的に食べるように心がけましょう。

女性の悩みの種「びまん性脱毛症」は病気なの?

女性の薄毛専門医

最近、30代の女性でも頭全体が何となく薄くなって、髪の毛のコシがなくなってきたと悩んでいる人が多くなってきています。それって、病気なのでしょうか?いいえ、病気ではないのですが、女性特有の脱毛症であるびまん性脱毛症かもしれません。ただし、びまん性脱毛症は例えばバセドウ病・甲状腺疾患亢進症や機能低下症、膠原病などや肝障害、腎障害などに伴って起きる場合があります。特に最近では、バセドウ病、甲状腺疾患亢進症や機能低下症など若い人でも発症しやすく、主に食事のバランスが偏っている場合には、発症する確率が高く、その影響でびまん性脱毛症になっている人もいます。また、外用剤であるミノキシジルを使用している場合、効果が限られているため、まれに、男性用ホルモンを増加させる病気を伴うことがあり、症状を悪化させてしまっている可能性もあります。どうしても髪の毛が薄いと落ち込んでしまう場合であれば、それも男性ホルモンを増加させる原因となってしまいます。まずは、バセドウ病、甲状腺疾患や膠原病など血液検査などで、その病気が判明しているものを優先的に治療することで、びらん性脱毛症を治すことができます。特に脱毛症治療の場合は、医療費も保険が効かないため高くなってきますが、原因となる病気を優先して治療しながらの場合だと医療費も高くつくことはあまりありません。1人で悩んで、市販の育毛剤などを使用せずに、皮膚科専門医あるいは産婦人科に相談するようにしましょう。

薄毛の原因は遺伝によるものが大きいと言われています。おじいちゃんやお父さんが禿げていれば、その子供も禿げてしまう可能性が高いです。しかし、それは男性の薄毛に言われていることで、女性薄毛ではあまりそんなことは言いませんよね。でも、女性でも男親から受け継ぐものはあるはずです。女性薄毛でも、遺伝による影響は十分にあります。ただし、女性の場合は女性ホルモンがあるので、男性よりも薄毛を抑える力があります。男性はその女性ホルモンの力が弱いので、薄毛の遺伝子を持っていればどんなに気を付けていても禿げてしまう可能性が高いのです。女性薄毛の場合は、遺伝子を持っていても心がけ次第で抑えることが可能です。ただし、ストレスによってホルモンバランスを崩したり、生活習慣が乱れたりしたら、薄毛は一気に進んでしまう可能性が高いです。ですから、自分の親兄弟や親戚などに薄毛が多い人は、より自覚をして薄毛予防をする必要があります。